ホーム > 採用情報 > 採用情報トップ

仲間と喜びを分かち合える会社

大矢建設は「地域社会に役立つ事業」を展開しています。

大矢建設は創業して68年になります。
はじめは住宅地の造成工事などを中心に行う会社でした。
その後、道路工事や公共工事、民間の商業施設の施工や
リフォームなど、お客様の要望に合わせて土木から建物の
施工まで幅広く手がける会社へと成長しました。
そして約3年前、パナソニック耐震住宅工法
「テクノストラクチャー」の住宅を主体とする新築戸建事業を
立ち上げ、現在は土木工事から住宅の施工までを手がける
会社として成長を続けています。

大矢建設の人を知る

"どんな人と仕事をするのか"それは仕事をする上で重要な要素だと思います。
大矢建設にはお互いに成長し合える仲間がいます!
大矢建設で働く先輩スタッフのメッセージや仕事内容をご紹介!

大矢建設の魅力を知る

とにかく「社員のこと」を考えた風土があります。

私たちの会社は、切り捨て型の採用は絶対にしません。内定を出して入社をした人には、徹底的に愛情を持って育てていく。なぜなら、それが先代から受け継いできた当社の社風で、社長自身が社員の大切さについて身をもって経験してきたから。社長がまだ子供だったころ、よく先代から言われていたのは「お前の鉛筆やノートも社員が買ってくれているんだ」ということ。その考え方は着実に受け継がれて、「社員を大切にする」ことが現在の大矢建設の根本をになっています。だから当社では、お昼休みに社長が社員をランチへ誘ったり、30代で約600~700万円の年収を手にする社員がいたり、とにかく社員のことを考えた風土があるのです。

事業・商品の特徴

社員を喜ばせる会社でありたい。それが当社の考え方。結果として社員に利益を給与や賞与で還元する社風が出来上がっていたり、現場を月2回ほど巡回して社員や職人さんとコミュニケーションを取る社長がいたり。社員にとって何が幸せかを常に考えて経営をしています。約3年前に当社では住宅事業をスタートしたのですが、これもその考え方が表れた事業のひとつ。スタッフたちが30代・40代になる中で、住宅事業があれば社員たちが家を建てるときに安く建ててあげられる、そんな想いと当社の事業プランが一致して、住宅事業がスタートしました。社員が喜ぶ会社として、私たちはこれからも成長していきます。

施設・職場環境

社員を大切にする=甘やかすことでは決してありません。愛情を持って育てていく過程では、成長できるステージを用意することも大切。当社では一通りの研修が終わったあと、先輩のフォローを受けながら仕事に取り組みます。失敗をするリスクよりも、失敗をしながら成長するメリットのほうが大きいと思います。責任は上司や社長がしっかりと取りますので、若いうちは伸び伸び仕事をしながら思いっきりチャレンジしてください。任される環境に身を置くことで2年後、3年後の成長が速いです。スキルが身に付けばしっかりと給与に反映される仕組みですので、上を目指して頑張りがいのある環境です。

もっと大矢建設を知る!

エントリーする