ホーム > 新築・リフォーム事業 > 家づくりのこだわり

家づくりのこだわり

日本人の約8割が「木の家に住みたい」、家づくりで重視したい第1位が「耐震性」というデータがあります。
この2つを叶えたのが木造でありながら地震に強い家「パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー」です。

私たちと一緒に「未来に続く家」を考えませんか。

多くの人が地震に不安を感じているようです。いざというとき家族を守ってくれる、安心して過ごせる家だから私たちはテクノストラクチャーにこだわっています。さらに省エネ性に配慮し、20年後30年後も価値がずっと続く家をご提供し「家族の未来を託せる家」の実現を目指します。
願いは、お客様の次世代、その先まで見据えた幸せ。私たちと一緒に「未来に続く家」を考えませんか。

地震に備えることは家族を守ることだから、テクノストラクチャーを採用しています。

間取り、デザイン、予算・・・気になるポイントはたくさんあると思いますが、失敗しない家づくりをする上でとっても大切なのが
「構造」。それは建ててしまった後に、建物に問題があると分かっていても変更できないからです。
どんなにデザインがよくても、間取りが気に入っても、命を守れない家は家ではありません。
パナソニックのテクノストラクチャー工法こそこの役割にふさわしい工法だと私たちは考えています。

テクノストラクチャーは、在来の木造軸組み工法に木と鉄の複合梁
「テクノビーム」を採用した地震に強い工法です。
無垢の柱の1.5倍の強度を持つ集成材の柱と組み合わせることでさらに耐震性を発揮します。結合部の金具一つまで規定に従って施工し、少しの緩みも許しません。

パナソニックと地域の工務店、それぞれの長所を活かした安心感

テクノストラクチャーを採用している大きな理由は大手メーカーパナソニックと地域の工務店との協力体制によってワンランク上の安心感、お値打ち感をご提供できるところです。
大矢建設でご建築いただく住宅はパナソニックにて細かく構造計算をします。例えば「基礎の強さ」「柱の強さ」「耐力壁の強さ」など388項目すべてで合格しなければ建築できません。
人生において一番高価なお買いもののお住まいだから丈夫な家であることは絶対に外せない条件ですよね。

テクノストラクチャー早わかり Q&A

テクノストラクチャーってなあに?

木と鉄を組み合わせた梁を使った長期荷重に耐えられる高耐久性能のお家です。

木には生育してきた縦向きには強く、横向きには弱いといった特性があります。木造住宅では柱のように木を縦向きに使う場合は十分な強度が期待できますが、梁のように横向きに使う場合、強度が不足しがちになるといった弱点があります。そこでテクノストラクチャーではこの弱点を解決するべく、梁の部分に鉄を入れて補強したのが『テクノビーム』という、Panasonicオリジナルの複合梁です。これで、たわみが少なく強固で安定性の高いバランスのとれた強靭な構造体を実現します。

テクノストラクチャーのお家は構造計算しているの?

はい、もちろんです。法律で定められている水準を大きく上回る388項目の緻密な強度チェックを行っています。

家の骨組みのバランスや強さを確認するのが『構造計算』。しかし、建築基準法では、2階建て以下の木の家については、簡易的な構造チェックの義務しか定められていません。つまり、法律を守っただけで『構造計算』をせずに建てられた家が実はたくさんあります。一棟一棟、家の大きさも間取りも違うので簡易的な構造チェックだけでは不安が残ります。そこで、テクノストラクチャーのお家では、一棟一棟コンピューターで災害シュミレーションをしてテストをしています。法律でチェックされない多くの項目もチェックするので、安心していただけます。法律に沿った一般的な木の家のチェックを健康診断だと例えるならば、テクノストラクチャーのお家は「人間ドック」と言えます。

地震に強いって本当なの?

耐震実験で実証済です。

テクノストラクチャーで実際に建てた家を振動台にかける実験で、震度7でも構造体の損傷・変形はなく、5回の激震にも十分に耐える構造強度であることが確認されました。
総二階の家で実験する業者様が多い中、下屋(2階部分が1階よりも小さいバランスの悪い家)で実験しております。

みんなもテクノストラクチャーの家を選んでいるの?

全国で55,874棟の実績があります。※2017年 6月末時点

2015年、テクノストラクチャーは20周年を迎えました。多くの皆様にご建築いただいております。
北は北海道から南は鹿児島まで、多くのお客様にテクノストラクチャーの家は選ばれています。構造計算においては、地域の条件も考慮して388項目の強度チェックを行い、多雪区域ではさらに多い440項目をチェックしています。

テクノストラクチャーは木造?それとも鉄骨造?

国に認定された木造住宅です。

土台にも柱にも木を使った木造住宅です。テクノビームも鉄を木で挟むことによって、木造と同じように現場での加工を行うことができます。日本人が大好きな木の優しさを大切にしつつ、従来の木造よりも強度を向上させたのが、テクノストラクチャーの家なのです。

テクノビームって錆びないの?

はい。錆びません。

錆びた鉄塔をご覧になられた方はいないかと思いますが、屋外の鉄塔と同様の最高ランクのメッキ処理(溶融亜鉛メッキ)が施されていますので、屋内で使用されるテクノビームに対して錆びの心配はありません。

テクノビームって結露しないの?

結露による問題が発生したという報告は1件もありません。

テクノストラクチャーでは対策として、断熱材をテクノビームの外周部分に入れて鉄骨が冷えないようにしております。日本で一番寒暖の差が激しい北海道で、厳しい条件の下で実験を行いテクノビームが結露しないことを確認しております。

テクノストラクチャーのお家はどこに行けば見られるの?

モデルハウスに是非お越しください。

土台にも柱にも木を使った木造住宅です。テクノビームも鉄を木で挟むことによって、木造と同じように現場での加工を行うことができます。日本人が大好きな木の優しさを大切にしつつ、従来の木造よりも強度を向上させたのが、テクノストラクチャーの家なのです。